伝わらない憧れ

March.25.2014

修斗に憧れて。

中学生の時、リングスを見て「総合格闘技」というものを知って、格闘技通信で「修斗」を知ってからは習いたくて習いたくて仕方なかった。

格闘技通信見て、三軒茶屋にあると書いてあるスーパータイガージムを探しに行ったけど見つからなくて。

総合格闘技って当時、都内でなかなか習うところが無く、津田沼とか船橋とか行かないとジムが無かったような気がするんですが。

特に中学生だった自分は行動範囲内にジムを見つけたかったんすけど、どうしても見つけられなかったんすよね。

結局、近くに見つからずキックを習うことになるんですが、そんな時から修斗には憧れがあったんすよ。

今でこそ、MMA選手のファイトパンツと言えば、サーフパンツみたいなものだったり、キックパンツみたいなものだったり、トランクスっぽい形が主流だと思うんすけど。

でも、俺はMMAと言えば1分丈のショートスパッツが一番格好良いと思っています。

タイトフィットなだけにそれなりに体が出来ていないと似合わない1分丈ショートスパッツ。
そして何よりショートスパッツと言えば修斗。
修斗と言えばショートスパッツ。
そんなイメージがあったので、いつか着たいと思ってて。

今回アウトサイダーに出るにあたり、ショートスパッツを作りました。

念願叶ってのショートスパッツでの試合。
20年越しの夢叶えたろかスペシャル BY MY SELF。

ここは修斗のリングじゃないけど、アマではあるけどMMAのリング。
感無量でリングイン。

した途端の

「そんなボクサーパンツみてぇなの穿いてるヤツ、よえぇぞ~~」というギャルのヤジ。

想いはいつでも言葉に足りなくて。

ともかく勝てたので良かったです。

ついでに試合前トイレに行ったら、見知らぬ青年2人から「お前、つえぇのか?あぁぁ~~~ん?」と凄まれました。

純粋に怖かったです。

あと、相変わらず白すぎるとは思いました。
次回は少しぐらい焼こうか・・・。

Comment

CAPTCHA