山谷に行ってみた

January.22.2011

先日、夕方に会議が終わった時点で、ぽっかりと夜中まで時間が空いてしまった。

どーっすかな

いーのいーの
アチシなんかにホテルなんか使わなくていーの
便所でいいからやってちょーだい

ってなビッチでも誘って飯でも行こうと思ったけど
あいにくそんな女はメモリーに入って無かったので、山谷に行ってきた。

山谷っつーのは、簡易宿泊所が立ち並ぶ、ドヤ街。
労働者たちが集う街。
今っぽく言うと「あしたのジョー」の舞台となった泪橋はここのこと。

泪橋の由来は、昔ここに小塚原刑場があって、罪人が振り返って涙を流した・・・というとこからつけられたらしい。

詳しくは
ウィキペディア見てください。
こんな街。

wikipedia


で、去年の夏に「山谷、やられたらやりかえせ」っていう1984年の山谷の労働者たちの姿を映したドキュメンタリー映画を見て、この街が今どうなってんのか、気になってた。

この映画、監督がヤクザに刺された直後の映像からスタート。
病院に運ばれ、死亡する。
その意思を受け継いだ2人目の監督が完成させたというヘビーな作品。
(※2人目の監督も後に銃撃され、殺されている)

平日の夕方。

泪橋交差点付近の大通りには人がいるものの、一歩中へ入ったら全然人が歩いてない。
ちなみに、そこにあったパチンコ屋の店名は「アタリヤ」

飲み屋もほとんど空いてないし、みんなどこで飯食ってんだろ・・・と思ったら

一件弁当屋があった。
大盛り220円
きんぴら 30円。
だって。
きっとここキリスト系の人たちがやってる店なんだろうな。
横の宿泊施設もそんな感じだったし。

で、映画の舞台になっていた、
城北センターに到着。

日雇い労働組合の
「城北センターは生活保護 年金を受けているなかまからの利用者カード取り上げをやめろ!」という抗議看板が掲げられている。

このすぐ脇で、コンビニ弁当を食っていたオジサンに話しかけてみた。

俺   「さん、これ何に抗議してるんすか?」
おじさん「タバコある?」
俺   「ありますよ。(タバコあげて)利用者カードってなんすか?」
おじさん「何かあんだよ、そういうのが」

※タバコ貰ったら、もう俺に飽きてる

俺   「山谷は労働者にとって住みやすい街ですか?」
おじさん「しらないよ、俺、働いてねぇもん」
俺   「タバコ、もっといります?」
おじさん「いらねぇ。体にわりぃから」

何なんだよ。
俺は妖精と話してんのかっつーぐらい噛み合わなかった。

結局、寒空の下、ただ山谷の街をブラブラしていただけだけど、
恐ろしく人気のない街だった。

ドヤ街って、スラムみたいな無法地帯で北斗の拳みたいな世界をイメージしてたけど
全然違うのね。

実際、酔っ払い同士の喧嘩や窃盗事件はあるらしいけど、殺人事件は1年で5件ほどしか起きてないっていうし。

結果として、何も感じなかったし、感じるほど勉強していかなかったし。

せっかくだから帰りにもんじゃでも食って帰ろうか・・・と思って車を走らせたけど
着いて初めて、もんじゃの本場は「向島」じゃなくて「月島」だっつーことに気が付いた。

あんまりこんなに時間空くとき無いのに、俺はなんて無駄な時間を過ごしてしまったんだ・・・と後悔ばかりが残る1日。

あ~、ギャルとハメッコでもしてりゃよかったな!

Comment

CAPTCHA