アウトサイダー日記6

March.04.2012

股関節の痛みのために、バンテリンコーワを塗ったら、玉袋まで液体が垂れてきて、痛いったらありゃしない。
それがこの挑戦を始めて、学んだことの1つです。

話を戻すと、このアウトサイダーに挑戦して、浜のユウジこと高垣勇二君と試合をすることは番組制作陣が勝手に盛り上がっているだけのことで、アウトサイダー側と何の握り(約束)もできていない。

正直、俺はこの辺の可能性に関しては、まったく理解できていなかった。
ただ、練習を初めて数週間して「いや、これほんとにやんの?」「やるんだったらもっとマジに練習しなきゃいけないんじゃないの?」と思い出してきて、怖くなってきた。
なぜなら、俺は「エクササイズ希望」でダイエットを目的に通っていることになっているから、ジムでの練習もそれほどハードではない。
それに俺自身、自分に相当甘い人間だから、疲れたらすぐ休んじゃうし。

やるのか?やらないのか?
岡宗さんはやるって言うしなぁ。
ほんとかなぁ。

よくわからないまま日にちは過ぎていく。
12月から始めた練習も、年を越したらさっそくオサボリかましだしている。
誰か叱ってくれよ。
自分だけじゃほんと無理だよ。

そもそもアウトサイダーは総合ルール。
このままキックだけやってていいんだっけ?
総合の道場行かなくていいの?
なんて心配してたら「そこは番組的にいいコーチ紹介するがな」と言われたっきり音沙汰なし!
つーか、なんか全体的に徐々に飽きてない?

「お前、まだやってんの?」みたいな。
「今から花火大会の話されても盛り上がりにくいよ」みたいな。
そんな空気がビンビン伝わってくる!!

いい加減にしろよテレビ屋!
演者の気持ち考えろよバカ!

で、アウトサイダーとの話し合いはどーなったんだよ!
はっきりしろバカ!

というのが1月の話。
で、2月になったら急に動き出した。




Comment

CAPTCHA